COLUMN / コラム

ペレットストーブと過ごすことで
体感できる”火の魅力”2016年7月20日

炎を見ているとなんだか落ち着いた気持になる、そんな経験はありませんか。 バーベキューやキャンプファイヤー、どんど焼きなどで感じた火に見入ってしまう。それは、暖かさとともに火の生命力にとらわれていくような気持になります。まるで、人が原始の記憶を今も体が覚えているような、そんな気持ちになります。

少しテンポを遅くしたスローライフを

カップを手に取り、火の近くでゆったりとした自分の時間を取り戻す。忙しい日々からのリセット。ゆったりとした時間の流れを感じながらリラックスできるのは、まさに”火”の不思議な力なのではないでしょうか。 ストーブの灰の掃除やガラス磨き。少し手間はかかるけれど、自ら手をかけることでよりかわいい存在になるモノ。そして、それは大きくてどっしりとして部屋の中でも存在感があり、この家にはなくてはならない、家族に安心感を与えてくれる存在です。

現代の生活にも”火“の暖かさを

そんな”火”を感じる生活を送るためには「薪ストーブ」をイメージする方が多いと思います。とはいえ、私たちの生活は、スイッチ一つ押すことで暖房も冷房も使うことに慣れてきました。その便利さを知ってしまった今となって、薪を割る生活がすべての家庭でできるとは思えないですし、その薪はどこから手に入れればいいのかさえ分かりません。もちろんできる方はいいのですが、多くの方はそう簡単にその環境を用意できないのが現状なのではないかと思います。

そこで、燃料である薪を、より利用しやすくしたものが『木質ペレット』であり、それを燃料として“火”のある生活を可能にするのが「ペレットストーブ」です。「木質ペレット」は、利用価値のない間伐材や製材所から出た木くずなどを一度おがくず状に破砕し、圧縮し固めた粒状の固形燃料なのです。圧縮だけで固めるだけで接着剤などは使っていないので、木質ペレットを燃やすことは、『木』を燃やすことと全く一緒なのです。それは、袋に梱包されていて、封を切りストーブのタンクに入れればそれで使用できる、とても便利なものなのです。今まで利用価値がなかったものを加工することで『油田』に変わるエネルギー資源が出来るのです。

他の家電暖房機器との違う”火”の魅力

実際にペレットストーブや薪ストーブを体感すると、“火”のたくさんのメリットを感じることができます。特にペレットストーブは、薪ストーブに比べ日々の運用や燃料の管理が楽で、経済的にも安く済むので導入のための敷居が高くはありません。当サイトでもご紹介していますが、空気を汚さず体にも良いのも大きなメリットなのですが、揺らぐ”火“を囲むように家族が集まり会話が弾み、身体だけでなく”心も温まる生活“を送れるのは、一般的な家電暖房器具では再現できない”火“の魅力なのだと思います。当店ショールームでは実際に体感していただくことができますので、まずは一度ご体験してみてはいかがでしょうか。